絵本からはじまる。

絵本1冊から、様々なジャンルの話題が広がるblog

季節関係なく読める絵本

絵本「さよならをいえるまで」から広がる世界

私が小学校5年生のとき、我が家に仔犬がやってきました。雑種でしたが、スピッツの血が入っているようにも見える、白地に茶色模様。コロコロしているから「コロ」と名付けました。 途中、建て替えに伴う一時期的な引っ越しを経験したり、近所…

絵本「いしがきのすきまに」から広がる世界

私の実家の埼玉県さいたま市岩槻区はかつて城下町として栄えました。いまはお城のあとは公園になっており、お堀の跡がなんとなく残っている程度。模擬石垣なども残っていますが、当時の雰囲気を感じることはできません。 しかし、この公園に行けは…

絵本「まっくろネリノ」から広がる世界

子どもの頃、誰が言ったか分からない迷信を信じていました。「夜、笛を吹くと蛇が来る」とか、「3人並んで写真を撮るときに真ん中に立つと魂抜かれて早死にするとか」「黒猫が目の前を横切ったら不吉なことが起こるとか」etc. 良い迷信はいい…