絵本からはじまる。

絵本1冊から、様々なジャンルの話題が広がるblog

絵本「さよならをいえるまで」から広がる世界

私が小学校5年生のとき、我が家に仔犬がやってきました。雑種でしたが、スピッツの血が入っているようにも見える、白地に茶色模様。コロコロしているから「コロ」と名付けました。 途中、建て替えに伴う一時期的な引っ越しを経験したり、近所…

絵本「スーパーてるてる」から広がる世界

私は自分でも自覚しているのですが、おそらくかなり強力な「雨女」です。 例えば、出かけようと思うと雨に降られること度々。何年か前に行った台湾旅行。毎日雨でした 入社式。季節外れの4月の大雪でした 美容院に行く日。雨の確率が高いて…

絵本「いしがきのすきまに」から広がる世界

私の実家の埼玉県さいたま市岩槻区はかつて城下町として栄えました。いまはお城のあとは公園になっており、お堀の跡がなんとなく残っている程度。模擬石垣なども残っていますが、当時の雰囲気を感じることはできません。 しかし、この公園に行けは…

絵本「ごりらっぱ」から広がる世界

しりとり。子どもたちが大好きな遊びの一つです。私も子どもの頃は、家族でドライブに行くときなど、しりとり遊びをよくしたものです。 そのうち、普通のしりとりでは飽きてくるため、いろいろ複雑なルールを取り入れていきます。食べ物限定。動物限定。家に…

絵本「うさぎさんのたんじょうび」から広がる世界

今月もまた福音館書店から月刊絵本が数冊届きました。「買いに行かなくても絵本が届く」という感覚、実はかなり楽しいです。心待ちにしている自分がいます。 さて、今でこそ傘を忘れてもビニール傘をコンビニや駅の売店で気軽に買える時代ですが…

絵本「まっくろネリノ」から広がる世界

子どもの頃、誰が言ったか分からない迷信を信じていました。「夜、笛を吹くと蛇が来る」とか、「3人並んで写真を撮るときに真ん中に立つと魂抜かれて早死にするとか」「黒猫が目の前を横切ったら不吉なことが起こるとか」etc. 良い迷信はいい…

日本国内で出版された絵本に贈られる「日本絵本賞」受賞作品をすべて紹介

前回は日本国内の「絵本にっぽん賞」について調べてみました。前回でも触れましたが、「日本絵本大賞」は1995年から開始。選考方法等については、1978年〜1992年まで続いていた「絵本にっぽん賞」を引き継ぐ形となってます。 日本絵本賞(にっぽんえほんしょ…

日本国内で出版された絵本に贈られる「絵本にっぽん賞」受賞作品をすべて紹介

前回は英国ケイト・グリーナウェイ賞について、前々回はコールデコット賞について調べてみました。今回はいよいよ日本国内の絵本賞について調べてみたいと思います。以下、Wikipedia「日本絵本賞」よりの引用です。 日本絵本賞(にっぽんえほんしょう)は、…

英国の特に優れた子ども向け絵本の画家に贈られる「ケイト・グリーナウェイ賞」受賞作品をすべて紹介

前回、米国のコールデコット賞に関する記事を書きました。今回は、英国の絵本賞「ケイト・グリーナウェイ賞」について調べてみました。以下、Wikipedia「ケイト・グリーナウェイ賞」よりの引用です。 ケイト・グリーナウェイ賞(ケイト・グリーナウェイしょ…

米国の最も優れた子ども向け絵本に贈られる「コールデコット賞」受賞作品をすべて紹介

過去に絵本ブログを運営していたことがあります。そのときに、書籍には様々な文学賞(詳細はWikipediaの「文学賞の一覧」を参照)があるのだから、絵本にもきっとあるのだろう...と思い、調べたことがあります。 絵本のための賞ですが、いまなお読み継がれて…

はじめに

はじめまして。mahiruと申します。 もともと、息子の子育てを経て絵本と出会い、絵本が大好きになりました。小学校、その後公共図書館での絵本読み聞かせ経験もあります。いまは仕事が忙しくなりボランティアからは卒業しましたが、昨年夏からインスタグラム…